2009年3月末に購入したFIT(GE6)だが、ちょいちょい故障が出始めている。
今回はドアミラーの故障だ。まぁ、故障と言っても電動で開閉する機能が使えないだけで機能が制限されるだけなので言うほどその機能停止自体は運転に支障はない。が、問題は音だ。
恐らく、中のギアが割れたかなんかしてモーターが空回りしているため、めちゃめちゃ五月蠅い。モーホント五月蠅い。この音は運転に支障をきたすレベルだ。
丁度YouTubeにも同じような症状の車の動画が挙がっていたので貼っておく。



音はホントにこんな感じ。この動画の車はドアミラーの開閉は出来る様子。

とりあえず、車の点検もかねていつもの修理屋さんに持って行ったところ、
整備士さん:「ドアミラーの交換になりますね。中古市場から同じ色のを探す形になるので物自体でも3万くらいはかかりますかね。あと、音が気になるのであれば、カプラー抜いて電源落しちゃっても良いですけど。」
私:「それって、ウインカー着かなくなりますよね。」
整備士さん「そうですね。車検はそのままだと通りませんね。」

だよねー。とは言え、コレだけのために修理費含めて3万4万とか払うのも馬鹿らしいし、そもそも中古だからすぐに壊れる可能性も十分にある。だからって新車買うってのもなんだかな・・・

どうにかならんもんか。とりあえず自分としては
  • モーター音がしないようにしたい
  • ウインカーは点灯するようにしたい
  • 車検は通るようにしたい

であれば問題ないので、その条件でクリアできないかweb上で調べてみた。
すると、なんとかなりそうな予感。方法としては
  1. 自分でヤフオクなどでミラーを探し取り付ける
  2. ドアミラーのギアを修繕する
  3. 手元のドアミラー開閉スイッチのカプラーを外す
があるが、1はヤフオクで探してみたものの、見つからず断念。2は他のサイトでやっている人がいるが、工具などが潤沢にある状況でないと難しそう。
まぁ、そうすると一番技術もお金もかからなそうな3.に白羽の矢が立つわけで、これを行う事とした。
先駆者のサイトによるとこちらは初代Fit(GD系)のようだけれども、ここの電源を断てばモーター音は無くなる様子。2代目も基本構造は同じだろうから大丈夫だろうという事でやってみる事とした。
まずは、ドアミラー開閉スイッチのカプラーを外すために内張りを剥がさなければならないので、こちらのサイトを参考に内張りを剥がし、カプラーをむき出しにする。その後このカプラーを外すわけだけどまぁ、外れない。ほんとに外れない。「ツメを押しながら外せよ」みたいに先ほどのサイトに書いてあるのだけど中々外れない。自分は爪を怪我した(駄洒落じゃない)。最終的にはツメを押しながらカプラを揺すりつつ配線ごとひっぱって外した。

カプラー外したの写真

外したカプラーは放置し、後は内張りをはめて元通りにしていく。

内張りを元通りに

その後エンジンをかけてみると、モーター音が消えてる!。また、ハザードも問題なく両ミラーともに点灯しており。期待通りの結果となった。
先駆者のサイトによれば、カプラーの配線の一部を外せばドアの開閉のみOFFに出来る(ミラーの角度の変更は出来る)との事だが、今回は面倒だったのでそこまではやらなかった。

ただし、この処置により、左と右のミラー開閉と角度調整が出来なくなったのでこれは調整の必要が出たらカプラーを再び繋げるしかない。その前に新車に買い替えたいものだが。