次はサントリー白州蒸留所へ。
車で5分程度で到着する。こちらはシャトレーゼとは異なり、前日に予約が必要とある(予約優先制)。まぁ、予約無いと混雑時に入れないよって事らしいので当日行きたくなっても予約が無い事だけであきらめる必要はないだろう。ちなみに今回は予約を忘れていたので当日シャトレーゼの駐車場で電話にて空き状況を確認し(当日予約ができるわけではない)、入場規制なしとの事だったので訪問した。

ちなみにガイド付き見学は2種類
  • 南アルプスの天然水ガイドツアー(無料)
  • 白州蒸留所ツアー[テイスティングあり](1,000円/人)
今回は折角来たので有料の白州蒸留所ツアーに参加した。

ツアー参加証(アルコールダメな人用)

ウイスキー博物館(写真奥)
 
モルトウイスキーとグレーンウイスキーの違いについて
 
麦芽やピートなどのウイスキーの原料の展示

麦芽、ピーテッド麦芽の展示

麦芽と、ピーテッド麦芽の香りの違いについても体験できる。
 
仕込解説
でんぷんが糖に分解され、ろ過されるらしい。
 
仕込槽
 
発酵解説

酵母菌を加え、発酵させていく。ココでは木の発酵槽を用いて発酵を行うのが特徴であるそうだ。
 
発酵槽

蒸留解説

特徴的な蒸留の窯を使用し、蒸留を行っていく。窯を使い分けながらベストな蒸留を行っていくとの事だ。
 
蒸留釜

次はバスに乗って貯蔵棟へ。
 
場内移動バス

場内移動バス車内より
 
貯蔵解説
 

樽を作成する原木
 
数種の樽

樽の種類はいくつか存在し、シェリー酒を先に入れたものにウイスキーを詰める事で、特徴的な香りを出したりすることもあるとの事。ウイスキーを詰める樽を作るにも時間がかかるため、ウイスキー作りは蒸留所さえ作ればすぐにできるというわけでは無さそうだ。
 
貯蔵庫
 
貯蔵樽
天使のわけまえ(左が4年右が12年)

そして、いよいよ期待のテイスティング。



テイスティング用ウイスキー

テイスティングのため数種類の原酒等が用意されている。
 
①ホワイトオーク樽原酒 ②ライトリーピーテッド原酒 ③「白州」 ④ハイボール作成用(白州)

白州は①と②を配合し、良い香りになるように調整しているとの事。確かに香りは①と②の中間位でバランスの良いように感じた。

運転手用オールフリー(ノンアルコールビール)


自分は運転手だったため、香りのみを楽しみ、あとはオールフリーを飲んだ。

白州ハイボール(炭酸水追加前)
 
白州ハイボール(炭酸水追加後)
 
これで、ハイボールを楽しんで、工場見学は終了。1000円程度かかったものの、工場見学とティスティング、おつまみなんかももらえるので、決して損ではないように思う。個人的には結構面白かった。ただ、これからウイスキーを飲んでみようかなと思ってしまったのは、うまくはめ込まれてしまったようで悔しい。