まずは美濃戸登山口より赤岳鉱泉を目指す。基本的な景色は川と山で山頂近くまではこの単調な風景が続く。


川と木と空


木と空と川

暫く空木川の眺めを繰り返して歩くと赤岳鉱泉に到着。写真には撮らなかったが、多くのテントが張ってあった。広場もあり、山荘もあるのでキャンプのベース地として重宝している様子。

赤岳鉱泉

暫く歩いて行くと森林限界を迎え、赤岩の頭(かしら)へ




赤岩の頭看板(左:峰の松目、右:硫黄岳)



ココからは背の高い木もないため眺めが良い。テンションも大きく上がった。

硫黄岳前の岩場

そして硫黄岳へ。

硫黄岳



硫黄岳からは赤岳や横岳を望むことができる。

この後鎖があるプチ難所を抜けて横岳へ。

横岳

横岳に着くころは霧が深くなってしまってあまり良い写真をとれなかった。

・赤岳鉱泉、硫黄岳、横岳